>
マツゲゴケ(睫毛苔/睫毛木毛)
2016/03/01(Tue)
   今朝は久し振りに雪が10㎝程積り、日中は曇り時々晴れて、小雪がちらつきました(-1.5~3.1℃/西風)。
   倒木に、地衣類が生えていました。ウメノキゴケ(ウメノキゴケ科 )の仲間で、青々とした衣を、北斎の浪裏の様に翻していました。後で調べましたら、マツゲゴケ(ウメノキゴケ科)で、良く見れば名の通り、裂片先端部に睫毛の様な黒い毛(シリア)が多数付いていました。本州~九州の山地~低地の樹皮や岩上に着生する、径10-20㎝の葉状子嚢地衣類です。群生する事も多く、深裂し、多くの幅5-20㎜の裂片に分枝し、その先は円く、更に歯状に分裂し、その先に幅約1㎜の枕状ソラリア(粉芽塊)ができるのが特徴です。背面は灰白緑~灰褐色で、裂芽は付けず、葉体腹面は中央が黒く、黒い偽根を付け、縁部は褐色で、縁にシリアがあります。但し、ソラリアの付く裂片の先端裏側は白く、その裂片には通例シリアはありません・・・・ 
ウメノキゴケ 寒い晩方
スポンサーサイト
この記事のURL | 地衣類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ニホンリス(日本栗鼠)の食痕 | メイン | ヒメオドリコソウ(姫踊子草) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3415-5319f01e

| メイン |
ゆきかえる