>
ムクドリ(椋鳥)
2016/03/06(Sun)
  きょうは、大体曇りました(5.9~13.2℃/南南東風)。
  草原に、ムクドリ(ムクドリ科)がいました。数十羽の群れで、時折羽搏く様にピョンピョン跳び乍ら、草の種や虫等を食べていましたが、こちらに気付くと一斉に飛び上がって、近くの電線に止まり、チュルチュル鳴き交わしていました。東アジアに広く分布し、日本では全国の主に平地・盆地の人里付近に棲みます。繁殖期が終わると群れで生活し、街路樹や竹藪等に数百~時に数万羽もの集団塒を形成して嫌がられる事もありますが、害虫を大量に食べてくれる益鳥でもあります。林内にはいませんが、青葉山周辺でも普通に見られます・・・
ムクドリ 草藪の春
スポンサーサイト
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤマネコヤナギ(山猫柳) | メイン | ロウバイ(蝋梅、蠟梅、臘梅、唐梅)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3421-80ca091d

| メイン |
ゆきかえる