FC2ブログ
>
ジムグリ (地潜)
2008/04/23(Wed)
 きょうも、大体晴れました。
 明るい小楢の森に、ジムグリ (ナミヘビ科)がいました。1m以上もある老熟個体の様で、津軽塗の様な派手模様の幼蛇と違って、シックで落ち着いた感じです。暖かな日差しに誘われて、枯葉のベッドでまどろんでいたのでしょうか? こちらに気付くと、ゆっくり動いて、枯葉の下にするする潜って行きました。北海道~九州・大隅諸島の平地~低山地の森、草原、水辺等に住む日本固有種です。主に鼠等の小型哺乳類を食べ、特に鼠の赤子を好みます。鼠が子を産む春と秋に捕食が活発になり、冬眠する冬は勿論、夏にも絶食する様です。名は、良く地中に潜る事に因ります・・・
ジムグリ 輝く森. 
スポンサーサイト



この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<イカリソウ(碇草・錨草) | メイン | ヒトリシズカ(一人静)  >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/344-606228ea

| メイン |
ゆきかえる