>
ジャゴケ(蛇苔)の雌器托  
2016/03/27(Sun)
  きょうは、良く晴れました(0.3~12.3℃/南東風)。
  道沿いの崖に、ジャゴケ(ジャゴケ科)が生えていました。名通り、蛇肌の様な葉状体から、アカヤマタケの様な雌器托を沢山伸ばして、今にも春の森に、胞子を降り蒔こうとしている様でした。北半球に広く分布し、日本では全国の高山~低地の湿った地面や岩上に見られる、苔類に属するコケ植物です。人家周辺に繁茂するゼニゴケ(銭苔)に似ていますが、蛇にも見える亀甲模様が特徴です。只、類似の構造を持つ苔類の総称として「ゼニゴケ」とされる事もあります。茎葉の区別が曖昧な「葉状体」で、腹側から仮根を伸ばして岩や地面に密着します。雌雄異株で、春には雌株から雌器托を乗せた5~8cmの長柄が伸びます。青葉山では、湿った場所に普通に見られます・・・
ジャゴケの雌器托 裏山から
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<トラツグミ(虎鶫) | メイン | オクノカンスゲ (奥の寒菅)の花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3442-ffe86bea

| メイン |
ゆきかえる