>
ホトケドジョウ(仏泥鰌)
2016/04/01(Fri)
   きょうは、良く晴れました(5.6~17.7℃/西北西風)。
   沢の止水域に、ホトケドジョウ(仏泥鰌)がいました。小さな水溜りに10匹程もいて、行ったり来たりしていました。日本固有種で、青森県、中国地方西部を除く本州、四国に分布し、水温が低く流れの緩やかな河川や湿地、水田等に生息する体長が最大6cm程のドジョウの仲間です。体形は太く短く、断面は円筒形で、頭部は上下に扁平。体色は茶褐〜赤褐色で、黒点が散在します。口髭は4対で計8本あり、3対が上唇より、残り1対が鼻孔より発達し、吻の上方に出ます。雑食で、魚類、甲殻類、藻類等を食べ、3-6月に水草や水中の枯草、落葉等に産卵し、2〜3日で孵化、1-2年で成熟します。名の由来は、頭が仏様に似ている、等の説があります。開発による生息地の減少等で激減し、環境省レッドリストで絶滅危惧IB類(EN)、宮城県レッドリストで準絶滅危惧(NT)に指定されていますが、幸いに青葉山では比較的普通に見られます。尚、近年別種とされたナガレホトケドジョウは、静岡以西の本州、四国の渓流に生息し、体がやや細長く、眼〜吻端に明瞭な暗色帯が見られるとされ、青葉山のものとも似ていますが、如何なのでしょうか・・・
ホトケドジョウ 潺の棚
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<シロハラ(白腹) | メイン | ルリタテハ(瑠璃立羽) >>
コメント
-  -
ウィキペディアで「絶滅」とあったのですが生きているのですね
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%9C%E3%83%8E%E5%8F%A3%E6%B2%A2#.E6.A4.8D.E7.89.A9
2016/05/29 18:04  | URL | N #JalddpaA[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3447-d29f42ee

| メイン |
ゆきかえる