FC2ブログ
>
イカリソウ(碇草・錨草)
2008/04/24(Thu)
 きょうは、一日雨でした。
 山道に沿って、イカリソウ(メギ科)が咲いていました。昨日までの蝋細工が雨に濡れて、益々艶やかな硝子の花に変わっていました。北海道(西南部)~九州の、主に太平洋側の山地に生える多年草です。名は、花が船の碇に似ている事に因りますが、むしろ簪や提灯花火、中華ランタンと言う感じです。 細長い鉤にも見える部分は「距」で、蜜を蓄えています。別名は三枝九葉草で、枝葉の付き方に因みます。 イカリソウには変種が多く、青葉山でも様々な変異が見られる様ですね・・・
イカリソウ 雨と靄に霞む山 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<カスミザクラ(霞桜) | メイン | ジムグリ (地潜)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/345-c25a6d04

定例青葉山視察会(145回)
2008年4月13日(日)天候:晴れ きょうは曇って、昨日とは大違いの肌寒&#12336;い一日でした(8.8~4.6℃)。 こんな天気なので人は少なめかと思いきや、やはり皆さん、花の時季をご存じの様で、60人以上の参加者です。大学の道端には、コハコベ、ハコべ、オオ.. …
2008/04/25 22:13  「青葉山の緑を守る会」活動報告
| メイン |
ゆきかえる