>
アズマイチゲ(東一華)
2016/04/05(Tue)
   きょうは、良く晴れました(5.0~14.1℃/東南東風)。
   林下に、アズマイチゲ(キンポウゲ科)が咲いていました。静寂の谷間に、純白の妖精達が、ひっそりと佇んでいました。北海道~九州の他、朝鮮、ウスリー、サハリン等の山地の明るい落葉樹林の林床・林縁に生育する多年草です。花茎は高さ10-15cm程で、中心部は紫色を僅かに帯び、雄蕊と雌蕊が多数あります。葉は青白色を帯びて柔らかく、2回3出の複葉で小葉は3つに分かれ、鋸歯は尖らず毛があります。春先に花を咲かせ(花弁に見えるのは萼片)、間もなく地上部は枯れてしまいます。名は、東国産のイチゲ(花が茎先に1つだけ付く草)の意。別名の「雨降花」は、摘み取ると雨が降るとの言い伝えに由来します。青葉山では、沢沿い等の所々に見られます・・・ 
アズマイチゲ 広瀬川から
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<マキノスミレ(牧野菫) | メイン | ショウジョウバカマ(猩猩袴)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3452-1098376c

| メイン |
ゆきかえる