>
ヤマエンゴサク(山延胡索)
2016/04/19(Tue)
  きょうは、晴れ後曇りました(10.8~20.6℃/西南西風)。
   森蔭に、ヤマエンゴサク(ケシ科)が咲き群れていました。暗い林床を埋める白藍の妖精達が、如何にもか弱げに舞っていました。極東アジアに分布し、日本では本州~九州の山野の林下や林縁に生育する、草丈10-20cmの多年草です。葉は2-3回3出複葉で、小葉は卵円~披針形で3-4裂し、葉形は変化が多。4-5月、茎先に1.5-2.5cmの筒形の、青紫~紅紫色で花を総状に付けます。苞は披針~扇状楔形で時に歯牙があり、蒴果は広披針~卵状長楕円形、長さ7-13mm、幅3-4mm。青葉山では、山際の藪地等の所々に見られます・・・
ヤマエンゴサク 巻淵付近
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤマブキ(山吹) | メイン | ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3465-fb9f9933

| メイン |
ゆきかえる