>
ヒトリシズカ(一人静) 
2016/04/21(Thu)
   きょうは、曇り後雨が降りました(7.5~17.5℃/東南東風)。
   道沿いに、ヒトリシズカ(センリョウ科)が咲いていました。当林ではあちこちに群落が見られますが、こうして普通に路傍で出逢う彼女達には、愛着も感慨も一入です。北海道~九州の他、朝鮮、中国等の低山地~平地の林内、林縁等に生育する、高さ10-30cmの多年草です。茎は紫褐色で節があり、光沢ある葉は長さ6-10㎝の楕円~卵状楕円で、4枚輪生状に対生し、先は短く急に尖り、鋸歯があります。4-5月、茎先に1本の穂状花序を出し、花は雌蕊と雄蕊のみで、萼片や花弁はありません。核果は長さ2.5-3㎜の歪んだ倒卵形。名は、一本のみの花穂が、静御前に劣らぬ程美しいとの意。青葉山では、山裾等に見られます・・・
ヒトリシズカ 若葉が萌え始めました
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コナラ(小楢)の花 | メイン | ドウダンツツジ(燈台躑躅、灯台躑躅、満天星躑躅)の花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3468-6be7f8b2

| メイン |
ゆきかえる