FC2ブログ
>
トウゴクミツバツツジ(東国三葉躑躅)
2008/04/28(Mon)
  きょうも大体晴れましたが、一日中風が吹きました。
 山のあちらこちらに、トウゴクミツバツツジ(ツツジ科)が咲き出していました。浅緑色の森に映える紅紫色の花が、陽光に耀きながら風に揺れていました。宮城~三重(鈴鹿山地)の、主に太平洋側の山地に生える落葉低木です。名は、関東に多く見られ、葉が三枚づつ付く躑躅の意です。宮城県が北限となっている上、盗堀等に因り激減し、県レッドデータで準絶滅危惧(NT)に指定されています。皆で、大切に守って行きたいですね・・・
山は日に日に緑を増して、オオルリやキビタキの囀りも増えて来ました。空にはツバメやイワツバメに交じって、アマツバメが気持ち良さそうに飛び交っていましたよ…
 トウゴクミツバツツジ 耀く緑 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<地下鉄東西線についての質問状の回答に対する再質問状 | メイン | フモトスミレ(麓菫)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/349-a9c0d635

| メイン |
ゆきかえる