>
シャク(杓)
2016/05/15(Sun)
   きょうは、大体晴れました(10.1~18.61℃/南東風)。
  林縁のシャク(セリ科)に、花が咲いていました。純白の花群れが、皐月の陽光を浴びて、石蝋紙の様な輝きを放っていました。北海道~九州の他、ユーラシア中北部の山地~低地の、やや湿り気のある場所に生育する多年草です。高さは1m程で、葉は2回3出羽状複葉で、小葉は細かく裂けます。4-6月に、茎先に複散形花序を出し、小さな白花を咲かせます。花弁は5個で、外側の2個が大きくなります。青葉山では、山際の湿性地や土手等に普通に見られます・・・
シャク 崖の続く川
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤブデマリ(藪手毬)の花 | メイン | ギンリョウソウ(銀竜草) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3492-20b20b9e

| メイン |
ゆきかえる