>
クマイチゴ(熊苺)
2016/05/19(Thu)
  きょうは、良く晴れました(14.9~20.6℃)。
  藪のクマイチゴ(バラ科)に、花が咲いていました。時計草にも似た見慣れた花ですが、突然多くが失われると、出会った時の愛おしさは格別です。北海道~九州の他、中国、朝鮮等の山道沿い等に生育する、茎高1-3mの落葉低木です。根は地下を横に這い、各所から地上に茎を伸ばします。赤紫色に赤黒い斑点のある茎は無毛で刺が多く、木質化して大きく育ちます。葉には長さ2-5cmの葉柄があり鉤形の刺を持ち、葉身は広卵形で縁が浅く裂け、表面に伏毛、裏面の葉脈には刺があります。4-6月、短い枝先に数花を集め、径1-1.5cmの白花を付けます。6月頃、液果を赤熟させます。青葉山では、明るい藪の縁等に普通に見られましたが、道沿いのものは今回ほぼ全て刈られました・・・・
クマイチゴ 森の底
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<レンゲツツジ(蓮華躑躅) | メイン | ヒメシャガ(姫射干、姫著莪)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3496-c96c508d

| メイン |
ゆきかえる