>
ミヤマヨメナ(深山嫁菜)
2016/06/07(Tue)
  きょうは、晴れ後曇りました(15.1~21.8℃/南東風)。
  道沿いに、ミヤマヨメナ(キク科)が咲いていました。昔は何処でも普通に見られましたが、今では僅かになった薄紫の花が、藪影に床しく佇んでいました。本州~九州の山地の木陰等に生育する、高さ15-55cmの多年草です。葉は互生し、卵~倒卵形で両面に毛が生え、大きな鋸歯があります。根生葉は花期にも残り、翼のある長柄があり、上部では次第に無柄となります。5‐6月、枝先に青紫~白色の舌状花からなる頭花を1個ずつ咲かせます。痩果は無毛で、冠毛はありません。名は深山に生えるヨメナ(野菊)の意。ミヤコワスレは、本種を元に作られた園芸種です。県内では分布が限定され、レッドリストで絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されています。青葉山では、道端等の所々に見られます・・・
ミヤマヨメナ 青葉橋から
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<サイハイラン(采配蘭) | メイン | ゼンテイカ(禅庭花) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3516-a23d99ca

| メイン |
ゆきかえる