FC2ブログ
>
オオタカ(大鷹)今年も営巣中! 
2008/04/29(Tue)
 きょうも一日良く晴れました(5.9~17.6℃)。
 きょう(4/29)の河北新報朝刊に、仙台市への「再質問状」の記事と共に掲載されてしまいましたが、青葉山の地下鉄東西線工事予定地では、今年も、絶滅危惧種でもあるオオタカ(タカ科)が営巣・抱卵中です。工事予定地直下では3年連続、同所周辺では少なくも4年連続で営巣している事になります。3月末から巣材運びを、4/23に抱卵を確認し、現在も静かに、そして必死に営巣活動を継続しています。これから長い間、巣を放棄しかねない大変な時期が続きますが、オオタカにはこれまで以上に頑張って貰って、巣立ちの時を迎えて欲しいものです。昨年あった様な、市に因る妨害行動やマスコミの取材等もしっかり見守って行かねばなりません。仙台市は、一昨年12月から周辺5ヶ所に「人工巣」を作り引越させようとしていますが、 もし成功したとしても、現営巣地からの距離は最長でも200m程で、工事や完成後の騒音・排ガス・光害等の影響を免れる事は出来ません。それにしても、「開発を止めて!」と言う、オオタカの叫び・想いは鬼気迫るものがあります。 人間が決して作り出せないもの、人知の及ばぬ所で日々育まれている「自然の宝」を、失う訳には行きません。オオタカ等希少動植物が代表する、自然生態系を破壊する地下鉄東西線や都市計画道路、東北大学移転計画等の根本的な見直しを、今こそ、求めて行きましょう・・・
抱卵するオオタカ 山わらふ
スポンサーサイト



この記事のURL | 諸問題 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コンロンソウ(崑崙草)   | メイン | 地下鉄東西線についての質問状の回答に対する再質問状>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/352-caac46f1

| メイン |
ゆきかえる