>
ミヤマナルコユリ(深山鳴子百合)
2016/06/14(Tue)
    きょうは曇り時々雨が降りました(16.9~20.6℃/西風)。
    藪陰に、ミヤマナルコユリ(ナギイカダ科)が咲いていました。つい見過してしまいそうですが、屈んで覗くと、パイプ雲丹の風鈴にも似た白花が並んで、今にもカラカラと鳴り出しそうでした。北海道~九州の他朝鮮半島等の、山野の林内に生育する高さ30-60㎝の多年草です。ナルコユリやアマドコロに似ていますが、茎には稜があり、全体にはジグザクに縒れて見えます。5-6月に咲く花も、ナルコユリやアマドコロが茎に沿って整列するのに対し、葉に沿って左右に分れて付きます。葉の裏面は粉白色を帯びます。筒状花の花被片の先は、緑色を帯びて浅く6裂して少しだけ開きます。名は、花が並んで垂れる様子を、田圃の鳥除けの鳴子に譬えたもの。青葉山では、各林床に普通に見られます・・・
ミヤマナルコユリ 滝
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ハンミョウ(班猫)の交尾 | メイン | ヤエムグラ(八重葎)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3523-6b3460e1

| メイン |
ゆきかえる