>
ホタルブクロ(蛍袋)
2016/07/07(Thu)
   きょうは、一日曇りました(18.7~23.1℃/南東風)。
   道端に、ホタルブクロ(キキョウ科)が咲き残っていました。あれだけ楽しく咲き並んでいたのに、他の草木共に殆ど刈られてしまって、僅かに残った紫白の対の花が、淋しそうに佇んでいました。北海道南部~九州の他、朝鮮、中国等の山野に生育する、茎高40-80㎝の多年草です。全体に毛が生え、匍匐枝を横に出して増殖します。根出葉は卵状心形で長柄があり、茎葉は互生し、長卵形で先は尖ります。6-7月、淡紅紫色又は白色の花を下向きに開きます。花冠は鐘形で先は5裂し、萼片の間に反曲する付属片があります。青葉山では、林縁等に見られます・・・
ホタルブクロ 混交林
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ツチアケビ(土通、土木通、土通草) | メイン | ニホンカワトンボ(日本川蜻蛉)の無色型♂>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3547-08088217

| メイン |
ゆきかえる