>
アカハナカミキリ(赤花髪切)
2016/07/28(Thu)
 きょうは、曇り時々晴れました(22.9~29.3℃/南風)。
 道端のアカソに、アカハナカミキリ(カミキリムシ科ハナカミキリ亜科)がいました。未だ、モール状の花も開いていないので、葉裏で休んでいるだけかと思われましたが、赤麻の赤い茎と赤い体かとても似合っていました。北海道〜沖縄の山地〜平地の林内等に生息する、体長12-22㎜の小型のカミキリムシです。成虫は7-9月に出現し、名の通り花、特に白い花に集まり花粉や花蜜を食べて暮らします。 前身は赤茶色で、その胸部・上翅・各脛節以外は黒く、時に胸部が黒化する個体も見られます。幼虫は、マツ、ハンノキ、クヌギ等の枯木や伐採木を食ベて育ちます。青葉山では、真夏の山道等で良く出会います・・・
アカハナカミキリ いのちの揺籃.



スポンサーサイト
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コウモリタケ(蝙蝠茸) | メイン | フシグロセンノウ(節黒仙翁) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3569-3bd990bc

| メイン |
ゆきかえる