FC2ブログ
>
ヤマツツジ(山躑躅)  
2008/05/04(Sun)
  今朝は霧が立ち込めて一時雨も降りましたが、昼間は晴れ間も見えました(夜は又霧雨に)。
 山のあちらこちらに、ヤマツツジ(ツツジ科)が咲いていました。近付いて見ると、雀斑のホピタ(頬)辺りを一層赤らめて、オショシガル(はにかむ)様な風情です。北海道南部~九州の、低山の林縁等に生育する落葉低木です。名は「山に咲くツツジ」の意で、その「ツツジ」の由来は、「筒咲き」や「続き咲き」から変化した等々色々あって、定説は無い様です。日本全国、青葉山でも最も普通のツツジで、何方も子供の頃には、蜜を吸ったり、甘酸っぱい花弁を食べたり、飯事に使ったり、首飾りにしたり・・・の記憶があるのではないでしょうか? 只、最近では、異常気象の連続の所為か、秋にも咲く のが普通になってしまったのは、気になる所です・・・
ヤマツツジ 霧の青葉山 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<サワガニ(沢蟹) | メイン | ツクバキンモンソウ(筑波金紋草)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/357-a17916ff

| メイン |
ゆきかえる