>
八月観(視)察会
2016/08/14(Sun)
  きょうは第2日曜の観(視)察会の日。と言っても、2・8月は「会」としてはお休みなので今回も有志で歩きしました(曇り後晴れ/20.1~28.6℃/南風)。涼しく心地良い天気の下、(2・8月は記録と確認が主なので)コースを決めず出発です。蝉時雨の下、睡蓮の咲く池には幸先良くカワセミが飛び行き、オオルリボシヤンマやオニヤンマ、ショウジョウトンボ、シオカラトンボ、クロイトトンボ等が飛び交っています。道沿いには、既にツクシハギやミヤギノハギが咲き綻び、クサギやクズの花が香り、シロハツやテングタケ等大きなキノコが並び、爽やかなコバギボウシも沢山咲いていました。森に入ると更に爽やかに、ヤマジノホトトギスやダキバヒメアザミ等が林床を彩り、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシに、姿も美しいエゾゼミ等の蝉時雨が降り注ぎます。所々にある樹液の木には、アオカナブンやカナブンや、スジクワガタ、コクワガタ、ヨツボシオオキスイ、クロヒカゲ、ヤマキマダラヒカゲ、サトキマダラヒカゲ、オオスズメバチ等が見られました・・・
オオルリボシヤンマ♂と♀ ヤマジノホトトギス 森の食堂 飛行船の浮かぶ山
 花では他に、ホタルブクロ、ツルリンドウ、ヒヨドリバナ、ヤブハギ、ヤブガラシ、カノツメソウ、ヤマノイモ、ハエドクソウ、ヒメキンミズヒキ、キンミズヒキ、オオハンゴンソウ、キツネノボタン、ガンクビソウ、ムラサキツメクサ、ヘクソカズラ、ツユクサ、アメリカホドイモ、ヒメジョオン、シラヤマギク等が咲いていました。果実ではツノハシバミ、シラキ、ウワミズザクラ、コウスノキ、エゴノキ、ツクバネ、ニワトコ、ヤブデマリ、クリ、ミズナラ等が見られました。昆虫では、花にいたアカハナカミキリ、ミスジチョウ、メスグロヒョウモン、ルリシジミ、キタキチョウ、ミヤマカラスアゲハ、モンキアゲハ、アゲハやコガネムシ、ヤマトシリアゲ、アシグロツユムシ等の幼虫、スジブトハシリグモ等種々のクモ類等、キノコでは他にマツオウジ、ホコリタケ、クサハツ、ヒトクチタケ、ドクベニタケ、マゴジャクシ等、動物では、道に飛び出すヤマアカガエル、等に出会いました。野鳥では、アオゲラ、コゲラ、シジュウカラ、ウグイス、ヒヨドリ、ツバメ、イワツバメ、トビ等の他確認されました。きょうは気持ち良く楽しい会ではありましたが、今回も、"藪刈"された山道沿いは、人々の踏痕によって道筋が幾つもできて、まるで車道の様になっていて、とても希少植物群が再生するとは思えず、落胆するばかりでした。きょうは、これ以上の"破壊"は何としても止めねばならぬ、と再確認する「会」にもなりましたよ・・・
車道のようになっていた山道 カノツメソウとアカハナカミキリ 松茸香の松王子 エゾゼミ
  来月(9/11)は、キノコ中心の観察会になりますが、勿論、自然全般を観察しましょう!では又、よろしく・・・
スポンサーサイト
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クロスジノメイガ(黒筋之芽以蛾) | メイン | サトキマダラヒカゲ(里黄斑日陰蝶) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3587-43c5b951

| メイン |
ゆきかえる