>
ヒタチマイマイ(常陸蝸牛)
2016/08/22(Mon)
  きょうは曇り時々晴れて、後雨になりました(25.6~30.6℃/東風)。 
  林縁に植えられた紫陽花の葉裏に、ヒタチマイマイ(オナジマイマイ科)がいました。小振りながら、砂地に赤錆色の縞模様がとても素敵でした。東北~関東北部の山地~低地の林内に生息する、殻径25-30㎜強(最大径32㎜)の中型の蝸牛です。殻は低平で,殻底部では成長線が収束して畝状になり,疎に現れます。殻の地色はクリーム色で、0-4本の色帯が現れ,加えて火焔模様が現れる個体も多い様です。主に山林の樹上で見られ、他種同様主に植物食で、雌雄同体で他個体と精莢を交換した後に産卵します。良く似た亜種のミスジマイマイは 、関東南部~中部東部に分布します・・・
ヒタチマイマイ チュウダイサギと広瀬川
スポンサーサイト
この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<サンコタケ(三鈷茸) | メイン | ノブキ(野蕗)の花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3595-8f58f255

| メイン |
ゆきかえる