>
ネジバナ(捩花)の群生
2016/08/26(Fri)
   きょうは晴れ後曇って、後雨が降りました(22.2~22.4℃/南南東風)。
   道端に、ネジバナ(ラン科)が咲き残っていました。しかも結構な群生で、美しい紅龍が一斉に昇天しているかの様でもありました。北海道~九州の他、朝鮮、中国、サハリン、クリルやヒマラヤ等の少し湿った日当たりの良い草地に生育する、5-40cmの多年草です。葉は柔らかく厚みがあり、根出状に数枚付きます。1本出た花茎の先に螺旋状に捩れた花序を付け、4-7月と9-10月に径5mm程の淡紅色(時に紅~白~緑)の花を多数咲かせます。花は左右両巻があり、根は菌根となって菌類と共生しています。青葉山では、道沿いの草叢等に見られます・・・
ネジバナ 檜林
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コシアキトンボ(腰空蜻蛉) | メイン | アオバハゴロモ(青葉羽衣)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3599-31e94860

| メイン |
ゆきかえる