>
コシアキトンボ(腰空蜻蛉)
2016/08/27(Sat)
  きょうは、晴れたり曇ったり雨が降ったりで、涼しい一日でした(19.3~22.7℃)。
   沼に、コシアキトンボ(トンボ科)がいました。名の通り、黒地に白い腰空きの雄でしたが、降り出した雨にも動ずる事無く、枯草にじっと止まっていました。北海道〜九州の丘陵~平地の林縁の湖沼や緩やかな流れの澱みに生息する、体長40-49mmのトンボです。成虫は5-9月に出現し、溜池等の水面近くを活発に飛び回り、複数個体で縄張り争いもします。雄は全身が黒く、腹部の白い部分が目立ちます。白い部分に黄色味があるのが雌又は若い個体です。青葉山では、周辺池沼等に普通に見られます・・・
コシアキトンボ 俄雨
スポンサーサイト
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アメリカホドイモ(亜米利加塊芋) | メイン | ネジバナ(捩花)の群生 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3600-d9c3412e

| メイン |
ゆきかえる