>
カラスアゲハ(烏揚羽)
2016/09/01(Thu)
     きょうは、大体晴れました(22.3~29.9℃/南東風)。
     草原に、カラスアゲハ(アゲハチョウ科)がいました。咲き始めたナンブアザミの群花には様々な虫達がやって来ていましたが、中でもこの美黒の女王は、花から花へ悠然と移ろいながら吸蜜していました。北海道~沖縄の山野に生息する、前翅長45-80㎜のアゲハチョウの仲間です。成虫は4-9月に出現し、黒い翅表が緑~青色に輝いて見えて美しく、見る角度によって輝き方が微妙に変化します。食樹の少ない都会には少なく、郊外等では良く見られ、山道の湿った地面等で吸水している姿が多く見られ、ツツジ等の花で良く吸蜜します。 幼虫の食草は、コクサギ、サンショウ、カラスザンショウ、キハダ、カラタチ等。青葉山では、様々な花で吸蜜する姿が見られます…
カラスアゲハ 川の見える道
スポンサーサイト
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ナラタケモドキ(楢茸擬) | メイン | イチモンジセセリ(一文字挵) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3605-4bb3e44c

| メイン |
ゆきかえる