>
ツチガエル(土蛙) 
2016/09/03(Sat)
  きょうは、晴れ時々曇りました(22.6~28.8℃/東南東風)。
  沢に、ツチガエル(アカガエル科)がいました。石の上にいたので、始めカジカガエルかと思いましたら、背中の疣もめんこい未だ小さい疣蛙でした。北海道西部~九州の、河川や湿地等の周辺に生息する、体長37-53mmの蛙です。体色は暗灰~灰褐色で、背に疣状隆条突起を持ち、特異な臭いを放ちます。名は土色の、又は土のような蛙の意で、別名はイボガエル。昔は普通に見られましたが、今では県レッドリストで準絶滅危惧(NT)に指定されています。芭蕉の「古池やかわず飛び込む水の音」の蛙は、このツチガエルと言われています。青葉山では、各沢等で見られます・・・
ツチガエル 日没間近
スポンサーサイト
この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<タマゴタケ(卵茸) | メイン | ナラタケモドキ(楢茸擬) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3607-69799059

| メイン |
ゆきかえる