>
サマツモドキ(擬早松茸)
2016/09/16(Fri)
    きょうは、大体曇りました(21.1~28.4℃/南東風)。
    道端に、サマツモドキ(キシメジ科)が生えていました。腐木でもあるのか、美しい苔の絨毯の上に、海老餅の様な傘が美味しそうでした。夏~秋,マツ等針葉樹の切株や腐木上他に発生する傘径5-15cmの中~大型菌です。傘は初め鐘形~丸山形で,後に平開し中央がやや窪みます。表面は乾燥し淡黄色で全面に赤紫色の綿毛状の鱗片が密生。 襞は、直~湾生して密。柄は黄地に赤褐色の銀鱗片を帯び、中実。別名はサマツタケモドキ。嘗ては普通に食べられていましたが、微量の毒成分を含み、人によって中毒します。青葉山では、松や杉の根際等普通に見られます…
サマツモドキ くもり
スポンサーサイト
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<キバナアキギリ(黄花秋桐) | メイン | ヒメクロホウジャク(姫黒蜂雀蛾) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3620-e5bf92bd

| メイン |
ゆきかえる