>
タムラソウ(田村草・丹群草・多紫草)
2016/09/23(Fri)
  きょうは、一日曇りでした(17.3~23.4℃/北風)。
  道端に、タムラソウ(キク科)が咲いていました。薄暗い林床に、紅紫の灯がぽつんぽつんと点っていました。本州~九州の他、朝鮮等の、亜高山~低山の草地や明るい林、林縁等に生育する茎高30-140㎝多年草です。アザミに似ていますが属が違い(タムラソウ属)、茎葉には全く刺がないのが特徴で、質も柔らかです。葉は互生し,上葉には柄がなく,下葉になるにつれて柄が長くなり,葉身が羽状に深く裂け,縁に粗い鋸歯があります。両面に細かな白毛があります。8-10月に長い茎頂に紅紫色の頭花を付けます。 青葉山では草地等に見られます・・・
タムラソウ 城址から
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<カレエダタケ(枯枝茸) | メイン | ホソバウンラン(細葉海蘭) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3628-c5479cc4

| メイン |
ゆきかえる