>
ヤブマメ(藪豆)   
2016/09/29(Thu)
  きょうは、曇り後晴れました(15.9~22.6℃/西北西風)。
  道端に、ヤブマメ(マメ科)が咲いていました。久し振りに晴れた空の下、薄荷煙草を思わせる涼やかな花が、何か恋しそうに見上げていました。北海道~九州の他、朝鮮、中国等の林縁や草原等に生育する蔓性の一年生草本です。蔓は下向きの毛が密に生え、細い針金状で左巻きに伸びて行きます。葉は3出複葉で互生し、小葉は長さ3-6cmの広卵形で両面に毛があります。8-10月に、淡紫色で旗弁が紫、翼弁と竜骨弁が白い長さ1.5-2cmの蝶形花を咲かせます。扁平で長さ2.5-3cmの黒紫色の豆果を付けますが、地中にも閉鎖花を付け、暗紫色の丸い豆果を結びます。青葉山では、草地等に普通に見られます・・・
ヤブマメ きょうの夕焼け
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ノボリリュウタケ(昇竜茸) | メイン | ヒガンバナ(彼岸花) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3634-8b16f9af

| メイン |
ゆきかえる