>
ミツバアケビ(三葉木通・通草) の果実
2016/10/01(Sat)
 きょうは、晴れ時々曇りました(17.1~25.0℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南南西風)。
 ミツバアケビ(アケビ科)に、実が生っていました。未だ小さめのものばかりでしたが、紫色みがかって、早美味しそうに見えました。全国の山地~低地の林縁や草原等に生育する、雌雄同株異花の蔓性落葉木本です。アケビに似ていますが、名の通り、葉が3枚で、緑に波形の鋸歯があるのが特徴です。アケビよりやや高地や寒地に多く、北海道にも自生しています。4-5月、黒紫色の花序を作り、基部に三枚の萼片からなる大きな雌花を数個開き、下部に小顎片からなる房状の雄花を多数下げます。秋に果実が口を開け、果肉、果皮共に食用になります。青葉山では、各所に普通に見られます・・・
ミツバアケビ 夕日射す
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ムラサキヤマドリタケ(紫山鳥茸) | メイン | ノボリリュウタケ(昇竜茸)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3636-5a87913d

| メイン |
ゆきかえる