>
オヤリハグマ(御槍白熊)
2016/10/05(Wed)
   きょうは、晴れ後曇りました(13.5~20.0℃/北風)。
   道端に、オヤリハグマ(キク科)が咲いていました。白い花房が揺れていましたが、近寄ると、多くの蟻達が蜜を求めて右往左往していました。東北~関東北部の林内に生育する、草丈45-85㎝の多年草です。茎は上部で円錐花序に分枝し、枝は開出して短毛があります。葉は長柄があり、長さ10-13㎝幅7-13㎝で、先は3浅裂し、歯牙があります。9-10月頃、一つの筒状花からなる頭花を多数付け、花冠は白色で1個の筒状花からなり、長さ1.7-1.8㎝、先は5裂します。総苞は狭い円柱形で長さ1.4-1.7㎝。青葉山では極普通に見られますが、日本の極狭い地域に生育している事から、「緑の国勢調査」で貴重植物に指定されています・・・
オヤリハグマ 木の間から
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<テンニンソウ(天人草) | メイン | ナスコンイッポンシメジ(茄子紺一本占地)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3640-b1ee8135

| メイン |
ゆきかえる