>
ヤマアカガエル(山赤蛙)
2016/10/12(Wed)
  きょうは、晴れ時々曇り(9.9~21.3℃/北風)。   。
 森の道端に、ヤマアカガエル(アカガエル科)がいました。朝晩はすっかり冷えるこの頃、こちらは既に厚着ですが、裸のまんまぴょんぴょん跳ね回っていました。本州~九州の、山地~平野の川や池沼、水田等に生息します。日本固有種で、体長は4.2-7.8cm。1-6月に池沼、湿地、水田、水溜り等に産卵。幼生は5-8月には変態して幼体になり、落葉や水草、水生昆虫、動物の死骸等を食べて育ちます。成体は、体色が赤橙~褐色と個体差があり、昆虫や節足動物、ミミズ等を食べて暮らします。水底で冬眠し、成体になるには2-3年程かかります。良く似たニホンアカガエルとの違いは、背側線が鼓膜上部でくの字に曲がっている事等です。青葉山では、最も普通に見られる蛙です・・・
ヤマアカガエル 不思議な陽射し
スポンサーサイト
この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<センブリ(千振) | メイン | オツネントンボ(越年蜻蛉)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3647-f8363ed3

| メイン |
ゆきかえる