>
ダイモンジソウ(大文字草)
2016/10/15(Sat)
   きょうは、ほぼ晴れました(10.9~21.6℃/西風)。   
   沢沿いに、ダイモンジソウ(ユキノシタ科)が咲いていました。あちこちに、白い大の字が折り重なって、何処かの国のマスゲームでも観ている様でした。北海道~九州の他、中国、朝鮮、ロシア極東部等の、山地の渓流沿いや湿気の多い岩場等に生育する多年草です。長柄のある3-15cmの葉は腎円形で5-12浅裂し、基部は心形。9-10月、10-30cmの花茎先に円錐状花序を付け、花弁は上3枚が短く下の枚は長く5枚。雄蕊は長さ3-4mmで10個あり、葯は橙赤~暗紅色で、雌蕊は2個の心皮からなり、花柱2本を残し上部までほぼ合着します。果実は卵形の蒴果で長さ4-6mm、種子は楕円形で長さ0.8mm。青葉山では、崖地や沢等で見られます・・・
ダイモンジソウ 飛び行く風船
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コサメビタキ(小鮫鶲) | メイン | アケボノソウ(曙草) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3650-055553d3

| メイン |
ゆきかえる