>
ナラタケ(楢茸)
2016/10/21(Fri)
   きょうは、大体晴れました(9.7~17.7℃)。
   道沿いの小楢に、ナラタケ(キシメジ科)が生えていました。鍔が出来かけの、未だ若い茸達が、幹を埋め尽くす様に群らがっていました。ユーラシア、北米、アフリカに分布し、日本では晩春や晩秋に広葉樹の枯木や生木に群生や束生、又付近の地上にも発生する木材腐朽菌です。径4-15㎝の傘は饅頭~中高扁平型で、周辺に条線があり、襞はやや疎で垂生します。表面は帯黄色で若い時は白く、後褐色になります。柄は4-15㎝で、下部がやや膨らみ傘とほぼ同色で、下半部は後黒味を帯びます。上部に白~帯黄色でやや硬質の鍔があります。菌糸体の下から菌糸束を地中に伸ばし、離れた所の木々にも菌糸を伸ばして寄生、巨大な生命体を形成するとも言われます。ツチアケビやオニノヤガラ等とは共生関係にあります。青葉山では、小楢等に見られますが、同属のナラタケモドキよりは少ないようです・・・
ナラタケ 少しずつ紅葉
スポンサーサイト
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ミサゴ(鶚、雎鳩) | メイン | コマユミ(小真弓)の紅葉>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3656-516c6127

| メイン |
ゆきかえる