>
クマノミズキ(熊野水木)の果柄
2016/10/24(Mon)
  きょうは、大体晴れました(13.7~17.1℃/南南西風)。
  道端に、クマノミズキ(ミズキ科)の果柄が落ちていました。地味な小果を誰かに食べて欲しい為か?目立ち過ぎる真赤な果柄が、珊瑚の海を作っていました。本州~九州の他。朝鮮、中国、ヒマラヤ等の山地の谷沿い等に生育する、樹高8-12mの落葉高木です。葉は卵~楕円形で、先は長い鋭尖頭で基部は楔形で全縁。葉身は長さ6-16cm、幅3-7cmで、裏面はやや粉白色で、長さ1-3cmの葉柄があって対生します。6-7月、新枝の先に多数の白色4弁花から成る径8-14cmの散房花序を付けます。10月頃、径5mm程の球形で紫黒色の核果を熟します。青葉山では、川沿い等に普通に見られます・・・
クマノミズキの果柄 西方の空
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コガモ(小鴨) | メイン | ヒメコウゾ(姫楮)の紅葉 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3659-25243f1e

| メイン |
ゆきかえる