>
コガモ(小鴨)
2016/10/25(Tue)
  きょうは晴れ後曇って、晩方に小雨が降りました(7.2~18.0℃/南南西風)。
  川に、コガモ(カモ科)がいました。気付かずにいましたが、何時の間にかあっちにもこっちにも、めんこい冬の使者が、ピリピリにぎやかに群れていました。北半球に広く分布し、日本には、ほぼ冬鳥として全国の河川、池沼に飛来する、体長34-38cm、翼開長58-64cmの小型のカモです。雄の頭は茶色く目の周り~後ろが青緑色。嘴と脚は黒く体は灰色で、側面中央付近に白い水平な線があります。雌は全体に褐色で、黒褐色の斑があります。嘴と脚は黒く、雄はピリツピリッやピッ ピッ、雌はグェックェッ等と鳴きます。越冬中は群れで生活し、水面から届く範囲の藻や水草等を採食します。青葉山周辺では、広瀬川や各池沼等で普通に見られ、初冬に一番早くやって来て、春も遅めに旅立ちます・・・
コガモ 小雨の小川瀬

スポンサーサイト
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アワコガネギク(泡黄金菊) | メイン | クマノミズキ(熊野水木)の果柄>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3660-b16d52db

| メイン |
ゆきかえる