>
オオモミジ(大紅葉)の紅葉
2016/11/16(Wed)
  きょうは、晴れ時々曇りました(5.0~12.5℃/西風)。
  道沿いで、オオモミジ(ムクロジ科)が紅葉していました。周りの木々と比べても、一際鮮やかな赤い葉が、か弱い陽射しに映えていました。輝いていました。北海道中部以南~九州の他、朝鮮等の、山地の森の谷間等に生育する高さ10-13mの落葉小高木で、本州では主に太平洋側に分布します。樹皮は灰褐色。葉は6-12cmで7-9に裂け、4-5月に赤紫色の花を付け、翼果はほぼ水平に開きます。イロハカエデの変種とされ、ヤマモミジとも似ていますが、両種とは、葉が大きく縁が細かい単鋸歯なので区別できます。青葉山では、林縁等の所々に見られます・・・
オオモミジ 北面の秋
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<イボタノキ(水蝋樹・疣取木)の果実 | メイン | オオイタドリ(大虎杖、大痛取)の紅葉>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3682-a8f8bf76

| メイン |
ゆきかえる