>
ツグミ(鶫)
2016/11/22(Tue)
   きょうは、晴れ時々曇りました(9.1~19.2℃/北西風)。
   川沿いに、ツグミ(ツグミ科)がいました。あちこちでケッケッと言っていて、早沢山いる様でしたが、近くのシロヤナギに飛び移って、久し振りに眼の合った姿は、息を呑む程の精悍さでした。北東アジアに広く分布し、東シベリア~カムチャッカで繁殖、日本には秋~春に渡来して越冬します。体長約20cm。体の上部が灰~茶色で、眼上と腹部が白く、胸を張り背筋を伸ばす姿勢でいるのが特徴です。雑食で、主に土中のミミズや虫を食べ、様々な果実等も好みます。青葉山では冬期、草原や林縁等に普通に見られます・・・
ツグミ 青葉山と二重橋
スポンサーサイト
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<カラハナソウ(唐花草)の果実 | メイン | カケス(橿鳥、懸巣、鵥)とシラカシ(白樫)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3688-4a27bc59

| メイン |
ゆきかえる