>
イソシギ(磯鷸)
2016/11/24(Thu)
   きょうは晴れたり曇ったりで、朝には雪が降りました(0.0~4.2℃/北風)。
   川に、イソシギ (シギ科)がいました。石の上で寒風に吹かれて、新種エリマキイソシギとでも言いたい様な姿でした。夏にユーラシア温~亜寒帯域で繁殖し、冬はアフリカ、オーストラリア、ユーラシア南部等へ南下越冬します。日本では中部~九州に周年生息し(留鳥)、中部以北では夏鳥として南下越冬。全長20cm、翼長29cm、翼開張38-41cm。上面は灰褐色で下面は白く、胸部側面の羽角に白い部分が切れ込みます。眼上部にある眉斑は白く、嘴基部~眼~後頭部に暗色の過眼線が入り、風切羽上面には白い斑紋が入ります(翼帯)。主に河川や湖沼の周辺に生息し、渡りの際は小群を形成。食性は動物食で、主に昆虫を捕食し、甲殻類、軟体動物も食べます。青葉山周辺では、広瀬川沿いで見られます・・・
イソシギ 名残の紅葉
スポンサーサイト
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ドウダンツツジ(燈台躑躅、灯台躑躅、満天星躑躅)の紅葉 | メイン | カラハナソウ(唐花草)の果実>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3690-52ceeeb2

| メイン |
ゆきかえる