>
キンミズヒキ(金水引)の紅葉
2016/12/09(Fri)
  きょうは、晴れ時々曇りました(2.4~7.0℃/北北西風)。
  道端のキンミズヒキ(バラ科)が、紅葉していました。枯れた景色の中に紫紅色の一叢が、とても鮮やかでした。朝鮮、中国、サハリン、クリル等に広く分布し、日本では北海道~九州の林縁や路傍等に生育する、高さ30-80cmの多年草です。茎や葉には毛が多く、葉は羽状複葉で、小葉は大小からなり、頂小葉は菱状長楕円形で先は尖ります。7-10月、茎先に総状花序を付け、径5-10㎜の黄色い5弁花を花序の下から上に次々に咲かせます。雄蘂は10-13本。果実は痩果で萼筒に包まれ、約3㎜の鉤状の刺を持ち、これにより果実の散布を行います。青葉山では、良く似たヒメキンミズヒキと共に普通に見られます・・・
キンミズヒキ 晩景
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<マメホコリ(豆埃) | メイン | ヒメヤブラン(姫藪蘭)の実>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3705-1c934201

| メイン |
ゆきかえる