>
ユキノシタ(雪の下)
2016/12/29(Thu)
    きょうは、晴れ後曇りました(-1.9~10.2℃/南南東風)。
   道沿いの岩に、ユキノシタ(ユキノシタ科)が生えていました。丸い葉を紅紫に染めていましたが、裏返すとより赤く美しく、とても鮮やかでした。本州~九州の、山地~低地の湿った半日陰の岩上等に生育する多年草です。葉は円く、裏は赤みを帯び、根本から匍匐枝を出してその先に新株を作り増殖します。6-7月に、高さ20-50cmの花茎に花弁5枚の花(上三枚は小さく濃紅と黄の斑点)を付けます。青葉山では沢等に見られる他、植栽もされています・・・
ユキノシタ. 松林
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<早過ぎるバッケ(蕗の薹) | メイン | サネカズラ(実葛)の果実>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3727-76df97eb

| メイン |
ゆきかえる