>
一月観(視)察会
2017/01/08(Sun)
  きょうは今年初の観察会。雲一つない青空の下、穏やかな"初歩き"となりました。(1.0~6..8℃/北風)。集合所でほんの少し残る雪でだるまを作ったり、新年の挨拶等交わした後、早速の出発です。シュンランの芽、ナガバノコウヤボウキの果実等確認、木々の伐採跡には憤慨ししながら進むと、道端で餌を探していたツグミがケッと言いながら目前の木に止まり、長らく私達を楽しませてくれました。三居沢源流の小池を眺めながら草原に向かうと、この睦月に、ハハコグサやミチタネツケバナ、ノボロギク等が咲き群れる一角に入り込み、不可思議な気持ちになりました。すると、何処からともなく真白く大きな鳥が゛、直ぐ目前の赤松にスーッと飛来しました。誰かが「オオタカだ!」と叫びます。姿は枝葉で見えず、慌てて見る場所を変えようとしました、それがいけなかったのか再び、バサバサと羽を翻し、又私達の目前を飛び去ってしまいました。その後、大きな興奮と共に進みましたが、上空には幾度もその雄姿が現れ、その度に感慨一入となりました。そのオオタカの重要な狩場だった、竜ノ口源流の一の大池(跡)では、大学移転に伴う工事で枯渇したその有様に、改めて落胆させられました。帰路は、見事に生るアズキナシの赤い実、アカマツとクロマツの違い、キツネと思われる糞、草原に広がる土竜塚、胞子を振り撒くホコリタケ、オケラやガマズミ、サルトリイバラの果実、イヌシデやヨモギの虫こぶ等も観察しました。万助沢の源流では、計画されている道路建設に怒り、その行末を案じました・・・
雪だるま三つも作れました!_逃げなかったツグミ_大池を望むが・・・_アズキナシ
  花では他に、ケヤマハンノキ雄花、植栽のサザンカ、セイタカアワダチソウ等、実では、ヤブコウジ、ヘクソカズラ、シャリンバイ、イヌツゲ、ナツツバキ、ヒメヤブラン、ノアザミ、イヌホオヅキ、サラサドウダン、リョウブ、ネジキ、コバギボウシ、コハウチワカエデ、ヤブムラサキ、メリケンカルカヤ、アメリカセンダングサ、アレチヌスビトハギ等、動物ではテンの糞、リスの食痕等、昆虫ではフユシャクの仲間、ヤママユの繭、ジョロウグモと思われる卵嚢等、冬芽では、ヤマネコヤナギ、カスミザクラ、ヌルデ、タラノキ、アカシデ、マルバアオダモ等、野鳥ではシジュウカラ、エナガ、コゲラ、ホオジロ、ミヤマホオジロ、カシラダカ、カワラヒワ、ハシボソガラス、ハクセキレイ、スズメ、トビ、ノスリ等が見られました。
  一旦解散後は、せんだい環境学習館"たまきさん"での初の新年会となりましたが、夫々に、今年の抱負や青葉山への思いを綴ったり、Mちゃんのしりとりや絵本読み聞かせ、Tさんの紙芝居や頭の体操、籤引き等々あり、楽しく懇談し、とても穏やかな一時を過ごしました。オオタカも、新春に相応しく美しい姿を表し、力強いエールを送ってくれましたし、今年は新たな気持ちで、様々な困難に立ち向かいつつ、より地道に活動しなければと思いました。2017年が、逆境にある青葉山の全ての生き物達にとって、復活・前進・前進の、素晴らしい年になってほしいものですね・・・
モグラ塚_今年も宜しくお願い致します!_穏やかに新年会_オオタカ飛ぶ!
スポンサーサイト
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<シュロ(棕櫚、棕梠、椶櫚) | メイン | ミチタネツケバナ (路種漬花、道種漬花) >>
コメント
- ブログの不具合 -
何故か、この「きょうの青葉山」が突然使えなくなったので、当面こちら http://b4.spline.tv/aobayama/?thread=0 に記載します・・・
2017/01/11 00:54  | URL | てん #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3737-1e9df09c

| メイン |
ゆきかえる