FC2ブログ
>
タゴガエル(田子蛙)
2008/05/20(Tue)
 今朝は雨でしたが、午後は上がって晴れました。
 オオルリの囀りが木霊する沢のあちこちで、「ゴーゴーグーグー」タゴガエル(アカガエル科)が鳴いていました。今は、繁殖期の真っ盛り、雄達が恋しい雌を呼び続けています。沢から一匹飛び出しましたが、近付くと、まだ若い雄の様でしたよ。本州、四国、九州に分布する日本の固有種です。普段は森の林床等に生息していますが、繁殖期に雄は、渓流内の岩の隙間等に入り込んで鳴くので、声はすれども姿は見えず、「幻の蛙」等とも言われています。ヤマアカガエル等に似ていますが、喉に黒い斑紋があるのが特徴です。名は、両生類学者の田子勝弥に因みます。産卵場所が特殊な上に産卵数が少ないので、環境の急変等に因って地域的に消滅する可能性が高いと言われています…
タゴガエル 濁流の広瀬川(仲の瀬橋から青葉山) 
スポンサーサイト



この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アブラツツジ(油躑躅) | メイン | エビネ(海老根、蝦根)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/374-4a085d9c

| メイン |
ゆきかえる