>
イヌシデメフクレフシ(犬四手/犬垂膨五倍子)
2017/01/30(Mon)
  きょうは、雨後晴れ後曇って、夜は雪が降りました(0.8~12.3℃/西北西風)。
  道沿いのイヌシテ(カバノキ科)に、イヌシデメフクレフシが付いていました。何か、大きな花芽の様に、枝先のあちこちに、丸い拳の様な虫瘤が沢山付いていました。ソロメフクレダニ(ソロはシデ類の俗称)と言うフシダニの一種が、イヌシデの頂芽にのみ寄生して鱗片が肥大し、松毬状に大きく膨らみ、長さ50mmにもなります。黄褐~緑褐色で、表面には長毛が密生し、内部は数層の柔組織上になり、中に白っぽく長いソロメフクレダニが棲み、5月頃に脱出します。青葉山では、イヌシデの木に普通に見られます・・・
イヌシデメフクレフシ 泉
スポンサーサイト
この記事のURL | 虫瘤 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤママユ(山繭)の繭 | メイン | クワコ(桑蚕・桑子)の繭 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3759-85eaee7c

| メイン |
ゆきかえる