FC2ブログ
>
ミズキ(水木)
2008/05/22(Thu)
きょうも良く晴れて、暑い位になりました11.5~23.6℃)。
 山肌のあちこちに、ミズキ(ミズキ科)の花が目立っていました。近付けば、一つ一つの花は小さく地味なものですが、それが数十も集まって棚状に咲くのですから、見事なものです。栗の花にも似た香りも強く、小さな虫達が沢山集まっていましたよ。日本の北海道~九州の他、朝鮮、中国~ヒマラヤにも分布する落葉高木です。クマノミズキにそっくりですが、葉が互生している事、花期が早い事等で区別出来ます。名は、樹液が多く、早春に枝を折ると水が滴る事に因ります。又、別名クルマミズキは、枝が車輪状に出る事から付けられました。仙台では、団子木や削り花、こけしの材として、とても馴染み深い木ですね・・・
ミズキ 藤や水木の香りが漂い噎せ返る様です
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<サワフタギ(沢蓋木) | メイン | アブラツツジ(油躑躅) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/376-4116c4b5

| メイン |
ゆきかえる