>
カラス(烏)の大群
2017/02/15(Wed)
   きょうは、晴れたり曇ったりで、時折雪や霙が降りました(-0.2~8.1℃/西北西風)。
   青葉城址の周辺に、烏の大群がありました。次から次からビル群を越えて飛んで来ては木々に止まり、暫くすると、数百数千の群れを波の様に、又蚊柱の様にうねらせて、八木山等の塒に消えて行きました。多くがハシボソガラス(カラス科)でしたが(詳細は分からず)、これ程の超大群が形成されたは今冬が初めての事で、私達が以前から警告の通り、大規模開発とそれに伴うオオタカ追放作戦、営巣地破壊がこれに大きく影響している事は明白です。その証に、以前は竜ノ口や植物園内に累々とあったカラスの死体(オオタカ食痕)が、今は全く見られなくなり…大変な事態になりました。ハシボソガラスはユーラシア大陸に広く分布し、日本では北海道~九州の、低山~平地の河原や農耕地等に生息する留鳥です。全長は50cm程で、雌雄同色の光沢ある黒い羽を持っています。ハシブトガラスに似ていますが、嘴が細くて額が出ていないのが特徴で、名の由来でもあります。雑食性で、果実、種子、昆虫等を食べ、比較的植物質を好む傾向があります。非繁殖期は集団で行動し、ハシブトガラスと混じる事もあります。草原性で主に人里周辺に生息していましたが、森林性のハシブトガラスが都市部に進出・増加している事もあり、個体数を漸減しているとも言われます。青葉山周辺では、「自動車利用行動」が頻繁に見られ、世界的に有名になりました・・・
烏の帰巣 大手門付近のハシボソ群
スポンサーサイト
この記事のURL | 諸問題 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢) | メイン | マンサク(万作・満作・金縷梅) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3776-5dce2e09

| メイン |
ゆきかえる