FC2ブログ
>
ノビネチドリ(延根千鳥)
2008/05/24(Sat)
  きょうは晴れ後曇って、午後は霧が立ち込めました。
  今年も、森の奥にひっそりと、ノビネチドリ(ラン科)が咲いていました。暗い林床に紫色の花が浮き立つ様でしたが、何故か今年は、例年に比べて青味が強い感じでした。北海道~九州の他、カムチャッカ、クリル、サハリン、ウルルン島等に分布する多年草です。日本では、山地~高山の林下に生育し、「高山植物」とされる事もありますが、青葉山にも自生しています。名は、根が横に良く延びて、花の形が千鳥の飛ぶ姿に似ている事に由来します。この花も、乱掘等により激減していて、県のレッドリストでは絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されている希少種です。いつまでも、しっかり護って行きたいものですね・・・
  午後の三時頃から急に霧が濃くなって、雲の中に居る様でしたよ…
ノビネチドリ 展望台からの眺め(霧で何も見えません). 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<ササバギンラン(笹葉銀蘭) | メイン | サワフタギ(沢蓋木) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/378-b1f130e0

定例青葉山視察会(146回)
2008年5月11日(日)天候:小雨後曇り きょうは小雨後曇りで、寒~い一日でした(7.7~10.6℃)。 昨夜からの雨が午前中も降り続き、観(視)察会の時間(10:30)になっても止みません。もしかして誰もいないのでは?と思いつつ山を登ると、いつものバス停には大勢の人だ... …
2008/05/25 23:19  「青葉山の緑を守る会」活動報告
| メイン |
ゆきかえる