>
チドリノキ(千鳥之木)の芽と葉
2017/02/19(Sun)
   きょうは、今朝雪がうっすらあり、日中は晴れて風強く、時折雪が飛びました(-1.0~5.0℃/北西風)。
    道沿いのチドリノキ(ムクロジ科)に、未だ葉が付いていました。近寄って芽を見ると、海老茶色の筍の様で、愛らしく膨らんでいました。本州(岩手以南)~九州の沢筋等の湿り気の多い場所に生育する、雌雄異株の樹高8-15mの落葉小高木です。葉はカエデ属の特徴の対生で、葉身は卵状長楕円形で多数の側脈があり、サワシバとよく似ています。4-5月、枝先に淡緑色で花弁5、萼片5の花序を付け、雄花序は10cm程に長く垂れ下がって、雄蕊は8本あります。雌花は雌蕊1本の短い花序を出します。果実は翼果で、長さ2.5-3cmの分果が長く垂れ下がります。青葉山では、沢の周辺等にやや普通に見られます・・・
チドリノキ スキー場が見える
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オモト(万年青)の果実 | メイン | カシラダカ(頭高) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3780-b92e7c26

| メイン |
ゆきかえる