>
オオバン(大鷭)
2017/02/22(Wed)
  きょうは、晴れ後曇りました(-2.6~6.7℃/南南東風)。
  川岸近くに、オオバン(クイナ科)がいました。特徴的に首振り乍ら、凛々しい黒い衣装を光らせていました。夏にヨーロッパ、シベリア、朝鮮等で繁殖し、冬に東南アジアやアラビア半島、サハラ砂漠等で越冬します。 日本では夏に北海道(夏鳥)、本州、九州で繁殖し、冬には本州以南で越冬します(冬鳥又は留鳥)。全長32-39cm、翼開張70-80cm。雌雄同色で、体の殆どが黒く、嘴~額が白く、虹彩は赤や赤褐色。足は暗緑色で長く、鰭があります。次列風切先端は白。淡水域の葦や蒲が生育する湿地等の広い水辺に生息し、潜って水草の葉・茎・種子を食べ、水生昆虫、貝、甲殻類も採餌します。青葉山周辺では、広瀬川の所々で見られます・・・
オオバン 霜柱
スポンサーサイト
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<モクズガニ(藻屑蟹) | メイン | ネズミモチ(鼠黐)の果実>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3783-31b228f3

| メイン |
ゆきかえる