>
ハイタカ(鷂)
2017/02/24(Fri)
  きょうは晴れ時々曇って、風の強い一日でした(1.5~9.5℃/西北西風)。
  河原に、ハイタカ(タカ科ハイタカ属)がいました。初めオオタカかと思いましたが、飛び立つととても小さく、同時に飛び立った雉鳩と同じ位で、疾風の様に消えてしまいました。ユーラシアの温~亜寒帯に広く分布し、 日本では、本州中部以北の亜高山~低地の森林等で繁殖(留鳥)、一部は冬に暖地に移動します。全長は♂32cm、♀39cm程で、雄は背が灰色で、腹には栗褐色の横縞があり、雌は背が灰褐色で、腹面の横縞が細かいです。オオタカに良く似ますが小さく(鳩大)、より小さいツミより眉斑が目立ちます。鳥類や昆虫類等を空中又は地上で捕食します。嘗てはオオタカと共に鷹狩に利用されました。名は、「疾き鷹」から転じたとされ、ハシタカとも呼ばれます。全国的に減少していて、国のレッドリストで準絶滅危惧(NT)に指定。青葉山では、一年中林内に見られ、繁殖もしていて、キィキィキィと鳴く声も聞かれます…
ハイタカ 崖のある街
スポンサーサイト
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ハナビラニカワタケ(花弁膠茸) | メイン | モクズガニ(藻屑蟹)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3785-5a8e73c6

| メイン |
ゆきかえる