FC2ブログ
>
ヤブカンゾウ(薮萓草)
2007/07/21(Sat)
 きょうも曇って、午後からは雨が降ったり止んだりでした。
 溜池の土手に、ヤブカンゾウ(ワスレグサ科)が咲いていました。この花を見ると、「夏本番」を感じます。八重咲きの花弁は、雄蕊と雌蕊が弁化したもの。ニッコウキスゲと同じく、花は一日ちょっとで終わりますが、群落としては八月一杯見る事が出来ます。元々中国原産で、古い時代に帰化したとも言われています。良く似ているノカンゾウは、花が一重なので区別できますよね・・・
ヤブカンゾウ(藪かんぞう)
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<タマゴタケ(卵茸) | メイン | ヒダリマキマイマイ(左巻蝸牛)とケキツネノボタン(毛狐の牡丹)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/38-a5bb146d

| メイン |
ゆきかえる