FC2ブログ
>
サラサドウダン(更紗灯台・更紗満天星)
2008/05/26(Mon)
きょうは晴れ後曇って、晩方には雨が降りました。
 明るい森の所々で、サラサドウダン(ツツジ科)の花が咲いていました。妖精の赤ちゃん達をあやす回転オルゴールか、舞踏会用の飾り電燈か、ガラス細工の和風鈴か、白地に赤縞模様の花々が、今にもチリンコロンカランと鳴り出しそうでした。北海道(南部)~近畿、四国の山地~高山に自生する落葉小高木です。名は、花の縦縞が更紗模様の様な「ドウダン〔枝分かれする様を結び灯台(丸木三本を緒で結び合せ、上下を広げて上に油皿を置いたもの)に準え、当て字の「満天星」は、群れ咲く花を満天の星に譬えたもの〕」ツツジの意だとか。別名はフウリンツツジ(風鈴躑躅)。花も紅葉も美しいので、観賞用に庭木や盆栽等にされ、青葉山でもつい十数年前までは、業者が組織的に盗掘を繰り返した為、大分少なくなってしまいました。高山植物ともされるこの花に、百万都市の中心近くで出会える喜びを、何時までも大切にしたいものですね・・・
 何ケ所かで、白花のタニウツギが咲いていましたよ・・・
サラサドウダン タニウツギの白花
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤブデマリ(藪手毬)   | メイン | ササバギンラン(笹葉銀蘭)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/380-ed732a40

| メイン |
ゆきかえる